「患者さんのために」って言葉が嫌い

メンタル系 日記


「患者さんのために」って言葉が嫌い



「患者さんのために」って言葉がまじで嫌い


過激なタイトル

普通に聞いたらだいぶ過激なタイトルですよね。
熱血理学療法士あたりが「なぬっ聞き捨てならぬ」と反応しそうな一文だと思います(そーゆーところ)

このタイトルの真意はですね

「患者さんのために」を理由に他人に「労働外の労働」をするべきと主張してくる事が嫌

って感じです。

自分で自分に「患者さんのために」頑張ろうってやるのはいいんですよ。ボランティアと一緒。

ただそれを人に押し付けるのは違うと。それを言うやつに言ってやりたいね。


「じゃあお前無給で働けよ」ってさ。


スポンサードサーチ

人の動く原動力は報酬想い・自己満足


この表題の通り、人が動く原動力ってさ

報酬(給料やモノ)

想い(感謝の言葉や労いなど)

自己満足(やりきった自分に対する肯定感や満足感)

この三つのどれかだと思うんですよ。つまりこれが無きゃ人は動かないんです。
それを強制的に動かさせるのがサービス残業。

そう、うちの会社です。

ほんと残った時間に対して残業代の支払いなんてされてないのに感謝や労いの言葉もなく、黙々と書類業務の手伝いをするんですよ。

そして上の人間は「協力しよう」みたいな一言で片づけるんですよ。

バカかと。

理学療法士の悪いところ


理学療法士嫌いで有名な私ですがその理由の一つに

「あまりにもビジネスライクでなさすぎる」

という事があります。

そもそも「患者さんのために」みたいな自己犠牲とか「貴重な経験」とかみたいなキラキラしたものに魅入られて無償で時間外労働や休日出勤、トレーナー活動をしたりするでしょう。
そんでそれを否定する人を鉄の正義感で叩こうとする。

そーゆーので雇用者は「安く使えて頑張ってくれる駒」として雇いやすいから理学療法士は安く使われるんですよ。

だから嫌いなの。以上。これが正直なところ。

まぁ正直なところたまたま自分の出会った熱血な人によって自分が被害を被ったというだけで全員がとは思っていないんですけど他人に情熱を押し付けるのは違うと思うなー←

スポンサードサーチ

その先にあるもの


もちろん成功している人はその自己犠牲の先に何か地位や栄光や繋がりを獲得してビッグになっていってるのはわかります。その通りだと思う。

ただ自分が成功したい分野はもはや理学療法では無いのでそれを見てキラキラはしないんですよね。

自分の成功したい分野で頑張ればいいと思う。

「その先」にある幸せを求めてね(何


ふぅ…


書きたいこと書いてみて少し冷静になるとまぁ人として残念な事言ってるなーと我に返りました。まぁでもその通りで否定する元気も無いです。

それくらい今の仕事は俺の精神を蝕んでくれました。ありがとうございます。

少しでもポジティブに捉える為にはこの環境を経験させてくれた事で別の道への踏ん切りがついたと考えるようにしようと思います。

さて、気持ちを切り替えて頑張る 


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3714048501682607"
data-ad-slot="1548331955">





バスケットボールランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

※Kindle出版始めました※
※Kindleはこちら※

~YoouTube チャンネル~
※チャンネルはこちら※

人気ブログランキングへ