MTGとポケカの違い

TCG

おはようございます(真夜中)

今日書いてみようと思ったのはタイトルの通りなのですが

Magic The Gatheringとポケモンカードゲーム

この二つのカードゲームについてです。僕自身はどちらもプレイするのですが似てるようで全然違うこの二つを勝手に話していこうと思います。

前提としてどちらが上も下も無いと思って書いているので誤解なきようお願い致します。


スポンサードサーチ

勝利条件

大前提として対戦を行うカードゲームなので勝ち負けが存在します。そしてその勝利条件は基本的には
MTG:相手の20点のライフを0にする
ポケカ:相手のポケモンを倒す事で自分のサイドボードからカードを6枚取得する

その他特殊勝利の条件はありますがこんなところです。とりあえず攻撃をしないと勝てないのは一緒です。例外はあれど。


最大の違い

この二つのカードゲームの最大の違いで僕が特に強く思っているのは

「相手のターンに何かできるか」

これをすごい感じています。MTGってインスタントやモンスターの起動能力があるので相手の行動を妨害できるんですよ。でもポケモンカードでは相手のターンに意図して使える手札や能力はほとんど無いです。少なくともパッと思いつかないレベルで無いです。特性で勝手に働いているものはあるけど起動型能力のようなものは無いまたはすごく少ないと思います。

なので自分のターンでリアルタイムに駆け引きを行うというよりは詰め将棋のような勝ちへの道筋を読む力がすごく求められます。そこにプラスして相手のデッキの予想から相手の手札、相手ターンに相手がとるであろう動きを予測して自分の立ち回りを決定します。
そこに駆け引きがあるのですが少なくとも自分のターンに、自分のやろうとした事が妨害される事はほぼ無いです。相手のワザによって手札のカード使用が制限されてすごく嫌だった事はありますが←


スポンサードサーチ

それぞれの立場へ説明

なのでMTG勢にわかりやすく言うとポケカのデッキはコンボデッキです。いかに自分のやりたいコンボを行うか。さしずめロータスコンボをずっとやっているような気持ちになりました。決まった時は気持ちいいけど回らないと悲しくなるやつ。見えざる糸でアンタップ続けたのに最後1マナ足りなくて副陽の接近打てなくて失速みたいなね。

ポケカ勢にMTGを説明するなら自分のターンに相手がサポートとかグッズを打ってきたり、攻撃した後にもう一度グッズを使えたりする感じです。よし攻撃だーとか言ったらエネルギートラッシュさせられるみたいな事が起こるやつです。あとこっちの攻撃をベンチのポケモンが受けて盾になったりする事がある感じ、んでプレイヤーに2000ダメージ与えたら勝ちみたいな。

我ながらうまく言ったと思うんですが、わかる人にしかわからない←


転売の餌食に…

絶賛転売の餌食になっているポケモンカードですがそれに比べて正直MTGは転売の餌食にはほぼなっていません。だいたいカード買えます。なんででしょうね?カードプールが広すぎて難しいのか、そもそもポケモンという知名度に対してキャラ自体の知名度が違いすぎるから知らない人が興味が沸かないとか?

まぁたしかに誰でもピカチュウやミュウが人気そうだなってのはわかるけど誰がバリンやウルザやテフェリーや汚染された三角州やグレートヘンジやボルカニックアイランドやブラックロータスやアンシーやトロピなんて聞いて人気だ!って思うよ。LEDとかさ、バザーとかさ、LOAとかさ。ブラックロータスですら知らない人のほうが多いでしょ。ラガバンよりリザードンでしょ←

まぁポケカも生産数が増えてだいぶ買えるようになるとは思うのですがどちらも奥深いのは間違いなくてにわかな感じでやると歯が立ちません。まだまだ修行です。


スポンサードサーチ

みんなもやろうTCG

さて、別に宣伝がしたいとかでも無いのですがなんか書きたいから書いてみました←
仕事ではTCGが出来る整体院としてギャグなんじゃないかってプランもやってますがそれ以前に純粋にカードを楽しんでいます。ハッピー

あとはやっぱり人のつながりが出来るのがいいですね。むしろそれが一番いいかもしれない。
カードやってる人へのオタク偏見て超あると思うんですけど、全然ちゃんとコミュニケーションとれる人のほうが多いと思いますよ。

俺だってガンダム好きだしアニメ好きだしポケモンも鬼滅もドラクエもFFも好きだけど接客業やれてますから←
なのでまぁ毛嫌いせずに仲良くしましょうよって感じです。夏には臭いのは否めないけど頑張っていきます。

さて、今日は短いですが本日もありがとうございました!