肩こりがなかなか治らない本当の理由

あけましておめでとうございます!

もう1月も後半ですが今更ながら新年のごあいさつがてらの投稿です。笑

本年もよろしくお願いいたします^^

さて、本日のテーマはプチ健康シリーズ!(なんだそりゃ)

「肩こり」についてお話させて頂こうと思います!
なかなか治らない「肩こり」の真実について語ります☆


肩こりが治らない理由

ズバリここからいきます!いきなり核心をつきます!それは…

ずーっと負担がかかってるから

はい、それだけです。笑

ね?簡単でしょ?
簡単だからこそ治らないんですよ。ほんと人は生活の中の色々な場面で腕を使い、頭を使い、色々な方向を見て作業をします。

人の生活でする作業のほとんどは肩(首からつながってくる部分も)を使ってるんでそりゃあ負担もかかるんですよ。でも一個一個の負担は小さな負担なのでまず気付かないんですね!

そこに輪をかけて姿勢が悪かったり身体が硬かったりするとうまく負担を逃がせないので余計マイナスが蓄積していきます!

この「マイナスの蓄積」が肩こりを作る原因になるんですね…こう聞くとじゃあどうしたらいいんだよってなりますよね…笑


対処方法

さて、それならマイナスの蓄積をしないようにすればOK!簡単です!(簡単じゃない)

まずは自身の生活を見直してみましょう!

思い返してみると、「あ、、これした後肩こりひどくなるんだよな…」とか「あー、これはたぶんよくないなー、、」とか思いつくものが出てくると思うんです。それ。それです。

一気に全部は無理かもしれませんがまずは1つずつマイナス要因を変えて行けば必ず身体はプラスに向かっていくんですよ!

逆に言えばそれをしないといつまでたっても変わらないって事が起こったりほぐした後はいいんだけど次の日にはまた肩が凝っちゃうんだよなぁ…って事が起きるわけです。

よくあるでしょ?それ。

これって人の身体の機能でちゃんと原因があるんですがそれはまた次回お話しましょう!

まずはなにか一つでも「マイナス要因」になるものを変えていく事から始めてみましょう☆

ではまた次回の投稿でお会いしましょう~ありがとうございました!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です