NIKE Lebron XIII(13) elite EP レビュー

レビュー



NIKE Lebron XIII(13) elite EP レビュー


NIKE Lebron XIII(13) elite EP レビュー



今回のレビューはNIKE Lebron XIII(13) elite EPになります。

レブロンのエリートシリーズでもアッパーの材質が少し違うレザー仕様のアッパーを使ったこの一足。
純正のeliteは履いたことが無いですが無印、lowと履いてどちらもピンとこなかった後のこのelite、はたしてどんな履き心地だったのでしょうか。
まずは写真から見ていきましょう。

全体写真


8035C21C-DCAA-446B-BF15-2877F2C9DCD8.jpeg2E1E9C6C-6A8B-451D-BDBE-B24C77E6ABA3.jpeg5E3D955A-3B9A-4A42-8FE4-04E166571982.jpeg0D72EEE5-0570-44E8-B2CF-B28B2C276CC6.jpeg16B8D3F4-A63E-4A55-9355-E290D4227EC2.jpegF47E04F8-89F5-4E25-AF31-8BB2F99703B9.jpeg

評価項目


グリップ
軽さ
ソールの柔軟性
アッパーの柔軟性
ジャンプ
クッション

この6項目を各10段階で評価していきたいと思います。
そして最後に靴の総合評価、コスパも含めての総合評価をしていきたいと思います。

自分のスペックは
173cm
70kg
2-3番(4もやるけど)





評価結果



グリップ(7)
軽さ(6)
ソールの柔軟性(5)
アッパーの柔軟性(7)
ジャンプ(7)
クッション(10)

総合評価(42/60)
コスパ総合評価(B)

総評



このシューズ。何を隠そうアウトレットで6000円で買ったのです。
当初の定価だと34000円くらいしたであろうシューズがこの値段で買えるなら素晴らしいじゃないですか。

まず無印では小指が鬼のように当たって痛かったのがこのelite EPではありませんでした。
足の甲のポジットが無くなって余裕が生まれたのもいい影響だったと思います。

グリップに関しては無印と変わらないので本気で横にストップをかけると滑るかもしれませんが今履いている限りでは止まりそうな感じがします。

軽さはレブロンシリーズなので決して軽くはありません。もうこれはしょうがないかなと。でも重くて動きにくいようなシューズでは無いのでよしとしました。

ソールはこの分厚いZOOM AIRのおかげで重くて硬いです。笑
これもどうしょうもない。笑
その代わり後のクッションでも出てきますがすごくクッションがいいです。それはほんとうに切に感じるシューズ。

ジャンプしやすいかと言われれば普通といわざるを得ない。だってシューズ自体の重量が決して軽くはないので跳べるシューズではないなと感じるんですよね。ポジションで言えば3-5番向きなのかなと。

そしてクッションはやっぱりもう満点。履いた瞬間からわかる安定感。これはもう素晴らしいの一言です。

総評として言えば無印よりも、LOWよりもいいシューズだなーと感じました。やっぱりeliteだ。と。笑
一番ポイントが高かったのはアッパーが柔軟になったことでフィット感や履き心地がよくなったことがあると思います。
ただあいかわらずうどん紐のほどけやすさは相変わらずなのでほどけた靴紐を踏んで捻挫しないよう注意が必要です。笑

以上。レブロンシリーズのelite13のレビューでした。