肩こりとか腰痛が治らない原因

健康系 理学療法



スポンサードサーチ

肩こりとか腰痛って治らないよね

こんにちは医療の本音を語る回がやってきました。

患者さんを治療する立場の人も、自分が悩まされている人もそうですが肩こりとか腰痛って慢性的になってて何やっても治らないって感じません?

今回はそんな肩こり・腰痛などの慢性痛の本音を語っていこうと思います。

少しでも気になる人は読んでみてくださいね~

noteでは他にも医療の本音を語っています、是非チェックしてみてください
医療の本音


マッサージしたり治療をしても良くなるのは一日~数日だけ…

これめっちゃあるあるですよね。たぶん肩こり腰痛持ちの100%の人が経験した事があると思います。
でもそれって身体の正しい反応なので別におかしい事じゃないなって思うんですよ。

人の身体には「恒常性」というものがあります。これは「変わらないようにしようとする」性質なんですね。わかりやすいところでいくと体温はいつも36℃から±1℃くらいのところに保とうとするしストレッチは一回してもしばらくしたら硬くなるしなんなら怪我したら傷はふさがって元の状態に戻ろうとするし(これは違うかも)少し難しい話で言えば胃の中のpHは一定に保たれているしと「変わらない努力」をめっちゃ勝手にしてるのが人の身体なんですよね。

これが悪い側面に働いたのがやってもすぐ元に戻ってしまうって事なんですよね。

でも考えてみてください。
ちょっと猫背で座ってたら背骨が曲がって戻らなくなったらシャレにならないですよね?

ちょっとストレッチして身体が柔らかくなるのは大歓迎だけどちょっとやって硬くなるのは勘弁です。

なんて都合よく身体は出来てないのでやっぱり変えるためには身体に「このままじゃだめだ、適応しないと」と思わせないといけないんですね。

筋トレで筋肉がついていくのなんかもこの理論です。
継続・反復して初めて適応していくんですよ。

これも上げたらキリがないのですがよく問題に上がるのは

股関節の柔軟性
背骨の湾曲
腹筋の筋力低下

などが多いです。これは曲げると痛いか、反ると痛いかでも変わってきますし一概にこれだ!と言えないのが難しいところなのですが誰でもこのへんはチェックしておくのが無難だなとは思います。

あとはその人の骨格とか生活スタイルでも正解な対応は変わってくるのでその人に合わせた対策ってゆうのをとらないとなかなか難しいものがありますよね。



スポンサードサーチ

なのでやっぱり施術×生活習慣

ほらね、難しいでしょう?笑

難しいんですよ。全国の医療従事者がこの肩こりと腰痛には悩まされているんです。

そりゃそうですよ、だってこれらって「人に治してもらうのは難しくて、自分で治さないと無理なもの」なんですもの。
極論徹底的に生活習慣を見直してかかる負担を分散していかないとダメなんですが人間病院などに行くときは「治してもらいたい」から行くじゃないですか。

このギャップが満足度の低下と治らない肩こり腰痛を生み出してるんですよね。

この項目のタイトルで言った「施術」は必ずしも誰かに触ってもらう事でなくてもいいと思います。自分の身体の状態に対してのアドバイスなんかも全然アリだと思います。
そこに加えて自分の生活を徹底的に見直して、肩腰に負担がかかってそうな姿勢や習慣を洗い出し、改善出来そうなものを探していく。

それを何度も繰り返し、失敗したらまた修正してチャレンジを繰り返すことで初めて改善していくと思います。

なのでどうしても答えがほしくなる所ですがそれは自分で探しましょうが今回の正解に一番近い回答って感じですね。

皆様の健康が少しでもいい方向に向かうことを祈っています。本日もありがとうございました。

noteでは他にも医療の本音を語っています、是非チェックしてみてください
医療の本音


バスケットボールランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

※Kindle出版始めました※
※Kindleはこちら※

~YoouTube チャンネル~
※チャンネルはこちら※

人気ブログランキングへ