AND1 TAICHI MID レビュー

レビュー



AND1 TAICHI MID レビュー


NIKE PG2.5 REVIEW



今回のレビューはAND1 TAICHI MIDになります。
おそらくというか確実にAND1で一番有名なバッシュ。
このシューズのデビューは2000年だそうで記憶に鮮明に残っているであろうビンスカーターのダンクコンテストの時に履いていたシューズですね。
あの時は赤白だったかな?

むしろこのシューズ意外AND1で現役でリリースされているシューズがパッと言えないくらいこれが代名詞となっているでしょう。
色々と使用してみて感想はあるのですが先日楽天のセールで某&Dでこのシューズが3990円で売っているとの情報を得てすぐさま購入。迷わず購入。性能うんぬんを調べたりするよりもひとまず買おうという精神でポチりました。

まずは写真を見ていただいてからあーだこーだと話させて頂きましょう

全体写真



061626D6-5BCD-474B-8B46-6D33F99CED26.jpegF735D05A-A9A5-4AFF-9780-C67288CA8C49.jpegD6020BFC-C547-4468-BFE1-694B732C8CBA.jpeg4ABF363D-49E1-467E-94C5-7B79E020C0F1.jpeg9D606B5A-5BF7-4D7C-8658-7D4049086E1B.jpegCF168AB5-C74E-48EA-912E-DB00F84DAE5E.jpeg0B3B57D9-4AA4-4EBB-B3BF-069DBF62AB87.jpeg








だいたい2008年ごろに発売されていたものではこのアウトソールがまだヘリンボーンパターンじゃなくて丸いツブツブがくっついてるタイプだったんです。よく滑るやつ。
それが2010年くらいの改変ではヘリンボーンパターンになってグレードアップ。グリップ性が向上して自分も2014年くらいに履いていた記憶があります。その時はランススティーブンソンのロゴの入ったカラーでした。
とりあえずサイドのメッキパーツがかっこいいですよね。笑

この後の評価にもかかわる部分もあるのであれなのですが、このシューズってサイズよりも中が狭く感じるんですよね。ほんとに0.5小さくしてちょうどよくなる。
でも最近多い甲の低いタイプの靴ではないと思うのでそこは安心かな。
まぁ詳しくは総評で語りましょう。。笑


評価項目


グリップ
軽さ
ソールの柔軟性
アッパーの柔軟性
ジャンプ
クッション

この6項目を各10段階で評価していきたいと思います。
そして最後に靴の総合評価、コスパも含めての総合評価をしていきたいと思います。

自分のスペックは
173cm
70kg
2-3番(4もやるけど)


評価結果



グリップ(8)
軽さ(9)
ソールの柔軟性(7)
アッパーの柔軟性(8)
ジャンプ(7)
クッション(6)

総合評価(45/60)
コスパ総合評価(B)

重さ
327g
52E64335-3C72-4101-B84B-DDBB55D70C18.jpeg

総評


このシューズに関してはもう有名すぎてあれなんですがポイントがいくつかあると思っています

・すぐ壊れる
・すぐなじむ
・パディング厚め
・アッパー柔らかめ

このへんかなと思います。
まずサイドのメッキパーツは鬼のように壊れます。笑
なんなら数回バスケしたらひび割れている時もありました。以前履いていたタイチはすーぐ割れました。笑
かっこいいのになぁ。。まぁプラスチックですし何かの拍子で当たると仕方ないのかもしれませんが。

そしてパディングが厚めなこと、アッパーが柔らかい事も影響してか足なじみがすごくいいです。
よく慣らさないでも履けるバッシュって言われてました。
個人的にはパディングが厚くてゴワつく感じが少しあるんですけど最近のバッシュに慣れすぎただけかもしれません。
カリー2とか全然違和感なかったですもん。パディング無しなのに。笑
たぶんこの靴、アッパーだけじゃなくて靴ひもも柔らかいと思います。ちょっと伸びてる?と締めている時に感じるので柔らかい素材なのかな?昔のタイチはシューレースの先が金属だかメッキだかのパーツで高級感が出ていたのをなんとなく記憶しています。
今回手にしたモデルは黒の部分も革のような感じがありますがカラーによってはスウェード?のような素材のものもありますよね。あれはあれで手触りよくていいなぁと思います。

いい意味で意外だったのはこんなに軽かったっけ!?というのとこんなにグリップよかったっけ!?ってゆうところです。
インソール抜いて計ってますがこんなに軽かった記憶は無かったのでびっくりでした。グリップもヘリンボーンになってからのタイチも履いたことあったはずですがグリップのいい印象はなかったので思いのほか止まることにびっくりしました。ソールの縁で踏ん張ったりしてないのかもしれませんがヘリンボーンパターンになってる部分はちゃんと機能していると思います。

逆に悪い意味で意外だったのはクッション性の低さ。笑
以前履いたフェイクのエアジョーダン11を思い出しました。笑
もう接地感がすごい。
インソールは自作のものを使っているのであれですが冷静に考えると以前履いたアンド1の靴(名前忘れた)もそういえばベニヤ板クッション←だったのを思い出しました。アメリカ人の足にはクッションなどいらないのでしょうか。。←
でもよく考えるとK1Xもそんなにクッションがいいとは感じないしやっぱりナイキ、アディダスあたりの技術力ってのはけっこうすごいのかもしれませんね。
実際にはプレーしているとそのうちそんなに気にならなくなってくるのですが最初はやっぱり不安を感じます。膝に爆弾を抱えている身としては心配になりますが、インソールのおかげで変な痛みにはなってないと思ってます←

でも結局プレーしてたら痛くないってことはやっぱりトータルしてけっこういいバッシュなのかなーと思います。かっこいいし←
AND1の他のバッシュってやっぱりなかなか知名度が無いけどこのデザインを履いているという満足感だけでもおつりがくるんじゃないかなと思います。笑

次回はまた別のメーカーをレビューしたいと思います。ありがとうございましたー!


おまけ
8FE4795A-E1E9-4BF4-90FF-BE43D2F83567.jpeg060A7D7D-A77E-4094-A397-1C11164B38B5.jpeg


※Kindle出版始めました※
https://www.amazon.co.jp/s/ref=dp_byline_sr_ebooks_1?ie=UTF8&text=hiroki7711&search-alias=digital-text&field-author=hiroki7711&sort=relevancerank

~HP~
※HP※