大腿筋膜張筋の自己リリース方法

理学療法


今回は前回お話しさせていただいた大腿筋膜張筋のセルフリリースについて話したいと思います。


使うものは簡単!!



テニスボール!!
o0450030013846372643.jpg

こいつを使うだけで簡単に自分でTFLをリリースしていくことができるのです!


まず側臥位に寝て、両方の膝・股関節を曲げましょう

汚い絵ですがこうですねw
o0276011813847112217.jpg

そうしたらテニスボールを膝のすぐ上の部分に挟みます。
o0480064113847196951.jpg



ちょっと写真が見づらいですけどこう。
o0480064113847196958.jpg

あとは体重のかけ具合を自ら調節するだけ!
だいたい痛みの程度が10段階で3〜4くらいのところで30秒〜1分くらい止まります!

そしたらすこーしづつ場所を上にずらしていきます。
o0480064113847196960.jpg
o0480064113847196969.jpg

またまた見づらい写真ですが最後は大腿筋膜張筋の筋腹を狙いたいのでASISから斜めうしろに下がったところを狙いましょう!

これで筋肉の硬さがほぐれて動きが少し楽になります!
また前回にもお話したようにTFLはその下にある外側広筋の働きも阻害してしまうので硬く緊張してしまうのはよくないです!

患者様への指導も含め、自分でも実際に実践してみてはいかがでしょうか!