asics GELHOOP V8 レビュー

レビュー



asics GEL HOOP V8 slim レビュー


asics GEL HOOP V8 slim



ついにアシックスのレビューです。履くのなんて学生以来でした。GEL HOOP V8 slimになります。
このシューズ、スリムラストなのですがほんとはレギュラーかワイドが欲しかったんですよ。。でもアシックスはラストの形によってカラーが決まっているのでこのカラーがよかったらスリムにするしかなかったんですね。。。笑

まぁでもいつもどおりの26.5cmでちょうど良く履けました。そんなに当たるとかも感じないです。



全体写真


IMG_7583.JPG
IMG_7585.JPGIMG_7584.JPGIMG_7586.JPG

評価項目


グリップ
軽さ
ソールの柔軟性
アッパーの柔軟性
ジャンプ
クッション

この6項目を各10段階で評価していきたいと思います。
そして最後に靴の総合評価、コスパも含めての総合評価をしていきたいと思います。

自分のスペックは
173cm
70kg
2-3番(4もやるけど)


評価結果



グリップ(10)
軽さ(9)
ソールの柔軟性(8)
アッパーの柔軟性(7)
ジャンプ(7)
クッション(7)

総合評価(48/60)
コスパ総合評価(A+)





総評


実はこのバッシュ5500円で買っております。現在GELHOOPはV9が発売されていてこのV8はひとつ前のモデルになります。そんなこともあってネットなどではけっこう安くなっているのですがたまたま在庫があって今回安く買えました。
各項目を見ていこうと思うのですが
まずグリップ
安定の満点です。なんなら止まりすぎて転びそうになる事が何回もあって逆にドライブで前に跳びにくいと思う事もしばしば。ディフェンスとかはすごく切り返しやすいですがつま先で引っかかって転びそうにならないように注意です。また、これを履きなれていくとほかのメーカーのバッシュに戻ったときに履きにくくて仕方なくなるかもしれません。笑

軽さ
ゲルフープは軽さを重視しているモデルのようで軽いです。通気性の為にタンがメッシュになっていたりと色々な部分で軽量化が図られていると感じます。たしか人気シリーズのゲルバーストは少しコンセプトが違ったと思います。(ゲルバーストのほうがネットでも高かった)

ソールの柔軟性
硬さは感じないです。ぐにゃぐにゃとも感じないです。個人的にはいい柔軟性だなーと感じます。なによりグリップが強すぎてそこに意識がいきやすくそれ以外気にならないと言っても過言ではないと思います。まぁ他に気になる点はあるんですがそれはおいおい出していきます。

アッパーの柔軟性
特に硬くも無く、フライニットのように柔らかくなく。合成皮革のいい感じだと感じます。適度に固定されているしなによりシューレースが白い平紐というクラシックスタイルで固定性抜群です。笑

ジャンプ・クッション
気になる点はこの項目です。グリップがいい分ナイキのZOOM AIRのようなクッション性は足りなく感じるんですよね。。SpEVAは入っているのですが(EVAってエチレン、ビニール、アセテートでしたっけ?)ジャンプの反発性、着地の衝撃吸収に心もとなさを感じています正直。
このバッシュはクッションの反発性を使って動くよりもグリップを使って動くようなプレースタイルがいいのかなと感じますしやっぱり自分の筋力や身体の使い方をダイレクトに反映するシューズだと思うので学生バッシュといわれても仕方ないかなと思います。年を取ってくるとクッションがないと膝にくるとか言うのもよく聞きますしね。。笑

デザインは昔のアシックスから最近はAラインとよばれるサイドのマークをあまりアピールしないモデルも多くなってきましたが今回はコテコテのアシックスをいきたくて(せっかくアシックスはいているなら分かるようにアピールしよう)ラインの目立つモデルを選択しました。
型落ちならば値段も安くなってきているので一度手にとって見てはいかがでしょうか。今回もありがとうございました。